「ポケモンgo まだやってるの」という同調メイカーたちについてのはなし

<queries>

 

ポケモンGO まだやってるの?」

ポケモンGO やめた」

ポケモンGO もうやってない」

ポケモンGO もう誰も」

ポケモンGO もう終わり」

 

</queries>

 

<daydreaming>

 

これらはグーグルサジェストで表示された検索候補だ。

 

確かに街中でプレイしている人たちは、リリース直後の2016年夏に比べるとグッと減ったように思う。街中でやっているのは、30代以降のオッサンだけだ、という一説もあるほどだ。

 

だが、同時にこうも思う。「ポケモンGO まだやってるの?」を検索する人は、

 

<hypothesis>

 

もうみんなやめてるよね?!

自分だけじゃないよね?!

まだやってるやつらはダサい、でOKだよね?!

街でポケモンGOやってるやつは蔑まれても当然だよね!?

 

</hypothesis>

 

そうこれは、なんだっけ、そう、キョロなんとかという、若者のヒエラルキーの上から4つ目くらいにいる、まさに彼らの気持ちそのものなのではないか、とピンときたわけである。

 

アメリカのスクールカーストでいうなら、ズバリ"Wannabe"のことだろう。

 

</daydreaming>

 

<conversion>

 

例えを音楽に変えよう。

 

流行りの音楽はたくさんある中で、マイナーな音楽というのも確かにある。というか、流行りのJPOP"しか"プレイリストに入っていない人なんて、そうそういないはずだ。北欧のバンドとかニコ動の歌い手とか初音ミクとか意識高そうなインディーズバンドとか、人を惹き付けるカテゴリはたくさんある(聴いている事実自体を隠したい人もいると思うが)

 

悲しいことに、流行っているものしか受け入れられないような低品質なコミュニティもあるとは思うが、別に人が何を聴いていたって、普通は誰も見向きもしない。

 

同様に、流行っている音楽を、無理やり聴かせるような風潮があるとも思わない。

 

音楽じゃなくても、例えば流行りの芸人でもいい。映画でもいい。最近ならなんだろうか、君の名は、とかPPAPとかだろうか。

 

だから、たとえ流行っていようがなかろうが、誰が何を好きでいても良いという、文化的に当たり前のことがちゃんと行われている風潮は、とても好感が持てる。

 

では何が気になるのかというと、落ち目にあるものを全力で落とすという風潮だ。

 

</conversion>

 

<落ち目にあるものを全力で落とすという風潮>

 

実例を示すまでもないが、瞬発的に売れて、瞬発的に消え去っていく芸人やタレントは、この風潮が著しいジャンルといえるだろう。スポーツや音楽は少しこの風潮が弱く、映画やソーシャルゲームなどはさらにこの傾向が弱まる。と思っている。

 

ポケモンGOの話に戻ろう。

 

一人で勝手に人気を落としていくコンテンツがあるのは当然だが、ポケモンGOのように、流行っていないことを一般人が既成事実化しようとする、そんな雰囲気を感じて、どうにも気持ち悪くなってしまったわけである。

 

気に入っているのなら続ければいいし、飽きたのなら、勝手に辞めればいい。自分の飽きたという気持ちを検索してまで、いったい何を得ようというのだろうか。

 

もしブームが再燃して、そのときに時代から置いていかれるのが怖いのだろうか。

 

もはや私には推測することすらできない。

彼らが何をしたいのか全く理解できないが、これは異常なことなんだということはわかる。

 

<conclusion>

 

結論:

『多分、きっと、暇だったから、みんなのポケモンGO最新状況を検索してしまっただけなのかもしれない。

 

ちなみに、わたしのポケモンGOトレーナーレベルは、8である。』

 

</conclusion>

 

<digression>

 

余談だが、個人的には、ポケモンGOは他のソーシャルゲームとは全く別物と分類している。

 

あれは、例えるなら、ツイッターアカウントを取得したものの、数回つぶやいて終わったギャルが、会話の中のふとした瞬間に「あたしもツイッターやってるーフォローしてー」って、大してやってないのにそんなことを言うような、そんなアプリなのではないかと思う。

 

たまに開いてふふってなる、そんな楽しみ方ができるのは、わたしにとってはポケモンGOくらいなのだ。

 

</digression>

 

</落ち目にあるものを全力で落とすという風潮>

 

<nowplaying>

open.spotify.com

 

残響のテロルのサウンドトラックは、本当に好き。

</nowplaying>